フリーエンジニアが正社員に戻る道

新3Kなどと言われ、過酷な仕事として知られているエンジニアも、ひとたびフリーエンジニアとなればその環境はがらりと変わるだろう。
残業を強要されることも、あるいは目的意識が持てない仕事を義務付けられることもなく、仕事の環境をすべて自分で整えることができるからだ。

しかしその代わりに、いつ仕事が途切れるか分からないといった不安に苛まれなければならない。
このふたつのバランスが前者に傾いていればよいが、次第に不安の方に天秤が傾いてきたのであれば、もう一度企業に雇われる身となることも考えなくてはならないだろう。
と言っても、再び過酷な環境に身を置くのは避けたいだろうから、なるべく良い条件の職場を探すことになる。

そういう時におすすめしたいのが転職エージェントだ。
そこに登録すれば、専属のカウンセラーが付き、様々なアドバイスをしてくれる。一般には公開していない非公開案件も紹介してくれるため、自分だけの力で探すよりも俄然有利である。
しかし、問題は数多くある転職エージェントの中からどれを選べばよいのかということだ。

常識的に考えれば世間の評判の良いところから当たっていくべきだが、しかし、ネット上にある口コミランキングなどは過度に信用しない方がよいだろう。
ああいったものは主観的な意見が強すぎて、事実をゆがめている可能性があるからだ。それらはあくまで参考程度にとどめ、最終判断は自分で実際に体験してみて決めるべきである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です